「多層世界の中のもうひとつのミュージアム」について

ICCの活動は,1991年に行なわれた「インターコミュニケーション ’91  電話網の中の見えないミュージアム」という,首都圏の1都7県の電話回線の中に作られたヴァーチュアル・ミュージアムを原点としています.コンピュータ・ネットワークの中のデータ領域を仮想の空間になぞらえて「サイバースペース」と名づけ,新しい物語の舞台としたSFの潮流「サイバーパンク」は80年代半ばに登場しますが,その当時はまだインターネットは商用化されておらず,一般に開かれていませんでした.それから数年後に開催された「電話網の中の見えないミュージアム」は,当時私たちにとって最も身近なコミュニケーション・ツールだった電話を使用して,電話回線というネットワークの中の空間を会場とした「見えないミュージアム」というアイディアを実現したものでした.そこでは,電話を使って世界各国の著名なアーティストや哲学者の話や音楽作品などを聞く,ファクシミリを使ってドローイングや原稿を受け取る,といったことが行なわれ,それ以降に顕在化していくヴァーチュアルな情報空間というものを予感させました.さらには,プッシュホンを使用したインタラクティヴな作品なども登場し,90年代を通じて大きな潮流になっていくメディア・アートの先駆となるような試みも行なわれていました.

1995年には「インターコミュニケーション '95 on the Web ネットワークの中のミュージアム」として,物理的な場を持たないヴァーチュアル・ミュージアムのコンセプトをアップデートしました.それは,いよいよ普及しつつあったインターネットのサイバースペース,つまりグローバルなネットワークによる広がりをもった環境を舞台としたものでした.そこでは,コンピュータによってもたらされる認識の変化や,情報通信ネットワークにおける創造の可能性など,現在にもつながる,インターネット以後の表現が追求され,ウェブ・ブラウザやアプリケーションによる体験,そして遠隔地をネットワークで接続した,リアルタイムの映像パフォーマンスなどが行なわれました.そして,1997年に実空間にICCが開設されて以降,ポスト・インターネットと言われるような,インターネットが私たちの生活に浸透した現在にいたるまで,展覧会や展示作品にもインターネットを取り込んだ実験など,さまざまなアイディアが試みられています.このように,ネットワーク技術は,ウェブやデジタル・アーカイヴなども含め,ICCの活動基盤として重要な位置を占めてきました.

近年では,「ミラーワールド」「デジタルツイン」「コモングラウンド」などの概念が注目を集めています.これらの言葉はどれも,通信やコンピュータ処理の高速化などを背景に,実空間と対応関係をもつ,高精度なシミュレーションなどにも活用可能なデジタル情報空間が実現化しつつあることを表わしています.さらに2020年に起こった新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって,デジタル情報空間への注目度があらためて高まっています.この新型コロナウイルス禍において,多くの美術館が展覧会の中止や延期を余儀なくされ,そうした,観客を迎えることができない展覧会をオンライン上で公開する試みや,アーティストによるオンラインでの作品発表などがさまざまに試行されました.そうした社会変動の中,ICCにおいても,これまでとは異なる新しい展覧会の活動モデルを想定してみることが意味を持つのではないでしょうか.

このたびICCでは,「ヴァーチュアル初台」「ハイパーICC」という,オンラインにおけるプラットフォームとしてのもうひとつのICCを構築し,これまでのヴァーチュアル・ミュージアムの試みを継承する,新しい時代のヴィジョンとその可能性を探る試みを行ないます.その最初の試みである「多層世界の中のもうひとつのミュージアム——ハイパーICCへようこそ」は,幅広い観客層を想定した,オンラインと現実のICCのふたつの会場で展開される展覧会です.家でも展覧会場でも,また,その途中にも,複数のレイヤーで展覧会が体験できるように構想されています.そして,今後も,もうひとつのICCを実空間のICCと連携させながら,さまざまな実験の場として展開していきたいと考えています.

畠中実(ICC主任学芸員)